最新情報

2008.1.22<読売新聞京都版>子育てタクシー出発

「都タクシー」(本社・南区、筒井基好社長)が21日、ベビーカーの積み下ろしの手伝いや、保育園への子どもの送迎を代行する「子育てタクシー」の運行を始めた。府内では初の取り組みで、運転手らは「地域に貢献できるよう、頑張りたい」と意気込んでいる。

 子育てタクシーは2004年7月、高松市で始まり、北海道や福島、長崎など10道府県で実施。同社も昨年11月から運転手76人が、ベビーカーの扱い方や子供との接し方、救急救命法などの研修を受けてきた。同社はチャイルドシート10台も用意し、希望があれば車両に備え付ける。

 この日は本社で出発式を開催。筒井社長が「子供たちのために仕事ができる喜びを新しいサービスの力にしよう」と運転手ら約65人を前にあいさつし、招待した親子連れ6組に試乗してもらった。

 運行は京都、宇治、長岡京、向日市エリアで、主に午前9時〜午後6時。予約中心で、料金はメーター制。長女一瑚(いちご)ちゃん(1)を連れて試乗した伏見区の主婦澤淳子さん(32)は「荷物の積み下ろしなどを手伝ってもらえると、安心感がある。便利なタクシーが、どんどん増えてほしい」と話していた。

 問い合わせは、同社子育てタクシー事務局(075・661・8825)へ。

(2008年1月22日  読売新聞)

2008年1月27日:メディア掲載

2008.1.21<京都新聞>「子育てタクシー」運行開始

「子育てタクシー」運行開始
京滋で初、急な送迎にも対応
子育てタクシーに乗り込む親子連れ。チャイルドシートを配備するなど配慮されている(京都市南区・都タクシー本社)
 都タクシー(京都市南区)が準備してきた「子育てタクシー」が運行を開始し21日、同社で出発式があった。子育て支援の講習を受けた乗務員が緊急時の子どもの送迎などに対応するサービスで、京滋では初。同社は「急な残業で迎えに行けない、ベビーカーなど荷物が増えて外出が苦痛−など、育児中のさまざまなストレスの軽減につながれば」としている。

 子育てタクシーは香川県のNPO法人(特定非営利活動法人)の呼びかけで始まり、全国に広がっている。2006年に発足した「全国子育てタクシー協会」がドライバー養成講座を開き、修了者を認定している。同社は昨秋、乗務員約80人がチャイルドシート装着法や救命救急、保育実習などの3日間講習を受講し、導入に向け準備してきた。

 この日の出発式には、養成講座を修了した乗務員ら約50人が出席。講座で指導を担当した「京都きっずプロジェクト」会員など6組の親子連れが試乗し「急なトラブル時にも危険なく移動できるのがありがたい。もっと多くの会社で導入してほしい」と話していた。
 子育てタクシーは京都、向日、長岡京、宇治の4市で運行。事前登録の会員が中心だが、夜間の急病など緊急時の要請にも応じる。問い合わせは都タクシー子育てタクシー事務局TEL075(661)8825。

2008年1月27日:メディア掲載

2008.1.07読売新聞全国版<子育てタクシー 各地に>

荷物運び手伝い 保育園まで送迎 割引のサービス
 子育てを支援するタクシーが全国各地に広がっている。タクシー運転手が、保護者に代わって子どもを送迎し、親子で乗車した場合にはベビーカーなどの荷物の持ち運びを手伝ってくれる。
 子育て中の家族には頼りになりそうだ。
 「子育てタクシー」は、2004年に香川県で始まった。2006年には「全国子育てタクシー協会」(事務局・高松市)も設立された。現在、11道府県の約50社が加盟している。
 同協会では、全国どこでも同じサービスが受けられるように、ガイドライン(指針)を設けている。
 運転手は、子どもへの接し方、チャイルドシートの装着、緊急対応訓練などの研修を受けた者に限る。電話などで利用申し込みを受け付ける際には、チャイルドシートや汚れ防止シートの使用など、必要なサービスについて確認することなどを定めている。
 子どもだけがタクシーに乗る場合には細かく配慮する。保育園のお迎えを代行する場合には、保護者が保育園にその旨を伝えておき、ドライバーは身分証明書を園に提示する。また、自宅から子どもがひとりで外出するのを手伝うときは、施錠の確認や忘れ物のチェックなどの声かけも運転手が行う。車外での事故に備えた保険にも加入する。
 利用料金は、基本的に、通常のタクシー料金と同じ。
 同協会会長で、長崎県諫早市のタクシー会社の社長、内田輝美さん(40)は自身も母親として2人の子を育てている。
 「子どもが被害に遭う事件が続き、塾やおけいこに大人の送迎が不可欠だと考える親は増えている。その一方で共働き家庭が増え、親による送り迎えが難しくなっている」と子育てタクシーの必要性を訴える。
 協会加盟のタクシー会社はホームページ(http://kosodate-taxi.com)で調べられる。問い合わせは同協会事務局(NPO法人わははネット内087・822・5589)へ。

 同協会以外でも、タクシーによる子育て支援の動きは広がっている。
 岩手県花巻市の花巻地区タクシー業協同組合は、1月から、妊婦や未就学児を対象に料金の1割引きサービスを始めた。
 対象家庭には、割引を受けるためのカードが市役所から交付される仕組みだ。同組合理事で文化タクシー社長の立花徳久さんは「地域密着のタクシー会社として子育てに貢献したい」と話している。
(2008年1月7日  読売新聞)

2008年1月8日:メディア掲載

11月、群馬県議団が子育てタクシーの視察

大阪 堺相互タクシーへヒアリングに来訪されました。

2007年12月16日:メディア掲載

講演会及び意見交換会のお知らせ

下記の通り、会員および関心のある方に公開して子育てタクシーについての講演会および意見交換会を開催します。
会員外からのご参加希望の方は、必ず事前にお申し込みください。
(お申込みのない場合は会場に入れないこともあります。)
=============
 
日 時 :2007年12月5日(水)15時~17時
      講演 「タクシー業界の現状と子育てタクシーへの期待」
      交流忘年会(会員外参加可/会費5,000円) 17時~

会 場 : 東京さぬき倶楽部 http://www.sanuki-club.com/
       (東京都港区三田1−11−9 TEL:03-3455-5551  FAX:03-3451-4060)
      地図はこちらhttp://www.sanuki-club.com/map/menu.htm

2007年11月28日:0

「With you」 (NBCラジオ(長崎))

12月5日と7日AM10:10~NBCラジオの「With you」という番組に、副会長の内田が登場します。
ぜひ、聴いてくださいね!

2007年11月23日:0

RKBラジオ(福岡)に電話インタビューで出演

11月14日16時45分~のRKBラジオ(福岡)の電話インタビューに副会長の内田が出演しました。

2007年11月18日:メディア掲載

システム不具合解消のお知らせ

先日よりみなさまにご迷惑をおかけしておりましたが、各会社の「登録ドライバー一覧」の不具合が解消されました。

2007年11月18日:0

京都新聞 都タクシーが掲載されました

京都新聞に都タクシーの養成講座の様子が記事になりました。
<2007.11.15>

2007年11月16日:メディア掲載

日経新聞 夕刊一面に記事掲載さました

日経 夕刊に子育てタクシーが掲載されました。

(2007.11.8 日経新聞 夕刊 一面)

2007年11月12日:メディア掲載

< 27 28 29 30 31 32 33 > 
最初 << >> 最後 

ページトップへ戻る