メディア掲載

『月刊誌Leaf』 1月号に「京都子育てタクシー」が掲載されました

◆子育てタクシー

予定外の残業で保育園のお迎えに行けないなど、急な“困った!”に対応してくれる子育てタクシー®。乗務員は、全国子育てタクシー協会の養成講座課程を修了しているので安心。無料登録しておけば、メーター料金のみで利用できる。妊娠中から、子どもは15歳まで利用可能。

問い合わせ/☎075-661-8825(9:00~18:00受付)

都タクシー株式会社 子育てタクシー事務局

http://www.117385.com/

(『月刊誌Leaf』1月号より抜粋)

2008年11月26日:メディア掲載

新潟Komachi 1月号に「子育てタクシー」が掲載されました

新潟にも登場!子育てを応援する画期的な新サービス

 仕事や急用で保育所や塾に子どもを迎えに行けなくなった時、親の代わりに子どもの送迎をするほか、荷物が多い乳幼児の外出時に、チャイルドシートを取り付けたり、手荷物を運んだりする新しいタクシーサービス。全国的にこの活動が広まり新潟でも利用できるようになった。仕事と子育ての両立に悩む親から注目されている。

《早ミミDATA》

「朝日新聞」「新潟日報」で紹介。中越交通株式会社、万代タクシー株式会社でもサービス開始。

《子育てタクシーの魅力》 

※真夜中のトラブルにも…夜中に子どもが突然発熱したり、怪我をしてしまし、救急車を呼ぶほどではないけれど心配だという時にもすぐ駆けつけてくれる。

※出産間近の人でも安心…これから出産を控えている妊婦の移動にも安心。運転手はしっかりと研修を受けているから、状態が急変しても対応してくれる。

《この人に聞きました!》全国子育てタクシー協会 会長 内田 輝美さん

「”ドアtoドア”での輸送サービスであるタクシーが、もっと身近に、もっと親切に、もっと子育てに理解があれば、子育ての悩みの一部でも解消できるのではと思いスタートしました。

(新潟Komachi 1月号より抜粋)

2008年11月26日:メディア掲載

山口県の【県民活動白書】に掲載されました。

山口県の平成20年度版「県民活動白書」に掲載されました

企業と県民活動団体等との協働の事例として、子育てタクシーの運行が「県民活動白書」第5部(P124、125)に掲載されました。



詳しくは

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12100/kenkatu/hakusho.html

2008年11月7日:メディア掲載

日本テレビ【モクスペ】で子育てタクシーが紹介されました

 くりぃむ世界(秘)特ダネ仰天そのウソ・ホント ~トゥルーマン・ショー~

「信じられない!・・・絶対に見てみたい・・・見ないことには信じられない!」という、心くすぐられるネタの数々を【ウソ】か【ホント】かのキーワードで見せるという“くりぃむしちゅー”司会の《新感覚バラエティ》。

2008年10月30日(木) 19時00分~20時54分に放送された日本テレビの番組「くりぃむ世界(秘)特ダネ仰天そのウソ・ホント~トゥルーマン・ショー~」の中で、全国子育てタクシーが紹介されました。

2008年11月6日:メディア掲載

【交通安全教育 第43巻 第11号】に掲載されました。

全国子育てタクシー協会の皆さんが、チャイルドシート指導員養成研修会を受講

去る8月20日(水)、全国子育てタクシー協会の皆さんがチャイルドシート指導員養成研修会(主催:財団法人日本交通安全教育普及協会)を当普及協会会議室(東京都港区)において受講しました。全国子育てタクシー協会は、各地のタクシー事業者と地域の子育て支援事業者とのネットワークにより、子育て家庭の皆様に、より安全な「子育てタクシー」を全国規模で提供することを目的として平成18年に設立されました。

同タクシー協会では、タクシー事業主の意識改革やさまざまなケースに対応できるように「子育てタクシー」専門ドライバーの養成、スキルアップ等にとりくんでおり、その一環として本研修会を受講しました。

      (「交通安全教育 第43巻 第11号」平成20年10月20日発行)

2008年11月6日:メディア掲載

中央タクシーが【北海道新聞】に掲載されました(2008.10.25)

保育園送迎や外出支援 子育てタクシー始動 帯広(10/25)
帯広の中央タクシー(近藤茂樹社長)は二十四日、幼児連れの外出や子供だけでも安心して利用できる「子育てタクシー」の運行を始めた。道内では旭川の業者に続き二社目。社内で出発式が行われ、運転手らは「心優しいサービスを」と心得を確認し合った。
 急用で保育園の送迎が難しくなった場合の子供だけの利用や、ベビーカーなど荷物が多い乳幼児連れの外出支援などを想定。チャイルドシートを備えたタクシーを使う。地域の要望を受けて導入を決めた。同社は全国子育てタクシー協会(事務局・高松市)に加盟。運転手十五人がチャイルドシートの装着や乳幼児の扱い方などの同協会の研修を受けた。

 出発式で近藤社長は「子育てを取り巻く環境は厳しい。タクシーの利点を生かしたお手伝いをしたい」とあいさつした。料金は通常運賃と変わらないが、事前登録が必要(無料)。問い合わせ、申し込みは中央タクシーの子育てタクシー事務局(電)0155・23・4143へ。(赤木国香)

2008年10月27日:メディア掲載

【週刊東洋経済】に掲載されました。(2008.10.25)

保育所などへの送迎に「子育てタクシー」が大活躍

 業界を問わず広がりを見せる家事代行サービス。中でも珍しいのは、独自資格を持ったドライバーが子どもの送り迎えを代行する「子育てタクシー」だ。

 「急な用事ができてしまったとき、安心して子どもを任せられるタクシーがあれば」という母親の声から出発したサービスだ。両親が残業で保育所に迎えに行けないときや、塾や習い事の送迎などに利用されるケースが多いという。

「子育てタクシー」は全国子育てタクシー協会(香川県)の登録商標。入会を希望するドライバーは、子どもとの手のつなぎ方や歩き方、コミュニケーションの取り方などについて協会の養成講座で研修する。地域の子育てサークルや、子育てに関する情報も学ぶ。

 現在、子育てタクシー資格を持つドライバーは全国に約600人、54社に拡大。利用件数は着実に増加しているとい

(週刊東洋経済 2008.10.25)

2008年10月23日:メディア掲載

【近畿日本ツーリスト】のブログに紹介されました。

近畿日本ツーリストの「ツーリストママブログ」に、「子育てタクシー」が紹介されました。
詳しくはこちら↓
http://blog.knt.co.jp/mama/2008/10/post-0b1d.html

2008年10月23日:メディア掲載

タクシーサイトに公開されました

神奈川県(横浜市)で実施された子育てタクシー養成講座(株式会社ハートフルタクシー・三ッ境交通有限会社)のもようが、【タクシーサイト】で公開されました。

詳しくはこちら↓

http://www.taxisite.com/feature/kosodate/

2008年10月15日:メディア掲載

子育てタクシーが【新潟日報】に掲載されました(2008.10.2)

安心、安全に外出手助け  県内の2業者 子育てタクシー開始

中越交通(三条市)と万代タクシー(新潟市中央区)は1日、子育て中の帯を支援する「子育てタクシー」の運用を開始した。子どもだけでの利用や乳幼児連れの外出をサポートする試みで、県内では初めて。
 中越交通は三条や長岡市などの4営業所に1台ずつ、万代タクシーは本社に10台配備。急な用事で託児所や塾に子どもを迎えに行けないといった時に、保護者に代わって送迎するほか、チャイルドシートを備えたり、運転手が手荷物を運んだりする。保育実習の研修を受けた専門の運転手が対応する。
 万代タクシーで行われた出発式では、中山真社長が「まず利用者に安心感を持ってもらい、実績を積み重ねてサービスを根付かせたい」と語った。
 1歳の双子を連れて利用した同市東区の松田貴子さん(36)は「子どもは車内で眠り、自分は楽をさせてもらった。荷物を運ぶのも手伝ってもらってとても助かった」と歓迎していた。
 同タクシーの利用は両社とも事前の登録が必要。料金は通常のメーター料金となる。
やまとタクシー(南魚沼市)も導入を計画している。

(新潟日報2008年10月2日)

2008年10月15日:メディア掲載

< 4 5 6 7 8 9 10 > 
最初 << >> 最後 

ページトップへ戻る