メディア掲載

ダイヤモンドメディアの経済ニュースに「子育てタクシー」が掲載されました

育児ママが安心して使える「子育てタクシー」

いざという時に使える「タクシー」は利用価値大。
子育て中のママの場合、いろいろな悩みを抱えているもの。

例えば「荷物やベビーカーなどを持っている時にお出かけ時のお手伝いをしてもらえば・・・」「急な残業で保育園のお迎えの時間に間に合わない!」「雨の日に子どもとおでかけしたい」など、誰かの手を借りたいシーンは多い。

そんな時にぜひ利用してもらいたいのが、全国にある「子育てタクシー」だ。

香川県から全国に広がった子育てタクシー
子育てタクシーの全国組織、全国子育てタクシー協会が設立されたきっかけは、2004年6月、香川県のNPO法人わははネットによる提案で、花園タクシーがドライバー5人を「子育てタクシードライバー」として養成して試験運行した際、ニーズがあることがわかり、本格的に導入されたのがはじまり。その後、香川県をはじめ、全国に広がり、2006年6月、全国子育てタクシー協会が設立された。

玄関先まで行くことができるタクシーのメリットを最大限に生かして、全国各地のタクシー事業者と地域の子育て支援事業者とのネットワークを作り、しかも一定のサービス水準とマインドを保ちながら、子育て家庭により安心で安全な「子育てタクシー」を全国規模で提供することを目的としている。

しかも「子育てタクシー」専門ドライバーの養成やスキルアップなどに取り組み、荷物が多かったり、乳幼児を伴っての外出サポートだったり、子どもだけの送迎だったり、さまざまなケースで親が安心して任せることができる“地域の子育て応援団”を目指している。子育てタクシーには、オリジナルロゴや専用ステッカーを使用している。

全国の子育てタクシーは、以下のサイトから検索可能。タクシーを利用するとなると、なかなか敷居が高いと考える子育てママもいるかもしれない。しかし、きちんと子育てタクシーのドライバーとして養成されているなら、安心感も違うと思うので、利用価値は高いだろう。
【minastirith 執筆】(リリース発信日: 2010-05-08 09:00:00)

2010年5月10日:メディア掲載

asahi.com マイタウン北海道に「子育てタクシー」が取り上げられました

子育てタクシー 出足好調 札幌で開始

◆仕事や妊娠 送迎できぬ親活用
 妊婦や乳幼児が気軽に利用できる「子育てタクシー」が札幌市内で始まった。道内ではほかにも帯広市のタクシー会社が一昨年から運行中で、同様のサービスは全国で広がっている。過当競争が続くタクシー業界。背景には独自サービスで差別化を図り、固定客をつかむ思惑がある。
(諸星晃一)

◆差別化、固定客狙う
 今月から子育てタクシーを始めたのは、札幌市西区の「札幌団地タクシー」。同市内では初めてのサービスで、中央区、西区、手稲区と、北区の一部に配車している。

 仕事や妊娠などで、保育所や塾、習い事などへの子どもの送迎ができない親たちが活用している。車両は完全禁煙で、必要ならばチャイルドシートも用意する。妊婦や乳幼児を連れた親も利用できる。

 利用者は子どもの年齢や送迎先の場所、保育士名などを事前に登録。利用の前日までの予約が必要だ。すでに約10世帯が登録。塾などの送迎で毎週利用する家庭もある。

 運転手が子育ての「勉強」をしている点も、特徴の一つだ。子育てタクシーは「全国子育てタクシー協会」(京都市)の登録商標。運転手は、同協会指定の養成講座と保育実習を修了する。同社では22人の運転手が修了済みで、約10キロの重りをおなかに抱える妊婦体験もしたという。

 帯広市の「中央タクシー」は2008年10月から子育てタクシーを運行、同市内や近郊に配車している。

 現在は約80世帯が登録し、保育所の送迎などで利用されることが多い。当初は需要があるか不安もあったが、業務主任の宮野芳行さんは「お母さん同士の口コミで登録が伸びた。不況の影響で共働き世帯が増えていることも利用につながっている」とみる。

 両社とも料金は通常のタクシーと同じ。近距離の利用が大半で、利益は大きくない。それでも、宮野さんは「質の高いサービスを地道に続け、若い世代の固定客も獲得したい」と前向きだ。

 背景には、タクシー業界の過当競争がある。規制緩和による新規参入や不況の影響で、札幌も十勝も厳しさは増すばかり。札幌団地タクシーの宮坂治社長は「収益が落ち込み、何かやらなければという危機感から、子育てタクシーを始めた」と打ち明ける。

 札幌では電子マネーに対応するタクシー会社なども増えてきたが、各車両に読み取り端末を設置することが必要。宮坂社長は「多額の設備投資はとても無理。新しい取り組みで差別化を図り、厳しい競争を生き抜きたい」と話す。

 全国子育てタクシー協会は06年の設立以来、加盟社が増加。現在は全国約70社が加盟している。

(asahi.com マイタウン北海道 2010年04月27日)

2010年4月30日:メディア掲載

『ジョブキタ』に札幌団地タクシーが掲載されています

<タクシー業界 最新&ユニークサービス>
ママと子供を安全に目的地へ 4月6日に札幌初のサービス開始

利用料金は通常のメーター運賃のみで、特別な追加料金は必要なし。サービス開始前ながら、既に問い合わせの声も多い。
香川県のタクシー会社から始まり、全国にその輪を広げている子育てタクシーサービス。札幌でいち早く名乗りを上げ、4月6日よりサービスを開始するのが札幌団地タクシー。子育てタクシーとは、その名の通り子育てに忙しいお母さんをサポートするサービス。乳幼児を連れての外出時にベビーカーや荷物の積み降ろしを手伝う「かんがるーコース」や、通園・通学時に子供のみを乗せて安全に送迎する「ひよこコース」などのコースがあり、専門ドライバーが移動をサポート。利用には事前登録と予約が必要だが、緊急時には予約なしでも対応する。代表の宮坂治さんは「こうした取り組みが、乗務員の意識改革にもつながればうれしい。サービスとは何か、社会貢献とは何かを一人ひとりが自覚するきっかけになれば。」と話す。誰もが安心して利用できるユニバーサルなタクシーに大きな期待が寄せられている。

札幌団地タクシー株式会社
札幌市西区発寒17条4丁目1-52
TEL.011-661-5656

2010年3月23日:メディア掲載

四国新聞(2010.2.14)で、三木タクシーさんが表彰されました

子育て応援企業 知事賞3社表彰

仕事と家庭生活の両立支援に積極的に取り組む企業を県が顕彰する「子育て応援企業表彰式」が12日、県庁であり、県内の3社に知事賞、1社に県商工労働部長賞を贈った。
(四国新聞 2010.2.14より一部抜粋)
詳細はこちら↓↓↓

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20100214000077

----------------------------------------------

三木町で「子育てタクシー」を運行している三木タクシーさんは、知事賞を受賞されました。

この表彰は、育児休業の取得向上などの目標を定め、優れた取り組みをしている県内の中小企業を対象に2006年度から実施しているもので、知事賞の表彰は初めて。

2010年2月15日:メディア掲載

中日新聞(2010.2.11)に、子育てタクシーの記事が掲載されています

子育てタクシー4月発進

名古屋市のタクシーグループ「グリーングループ」の七社が県内で初めて、四月から小学生以下の子どもと母親を支援する「子育てタクシー」の運行を始める。全国子育てタクシー協会(本部・高松市)に加盟し、県内の子育て支援にかかわるNPOとも連携して運用する。

子育てタクシーは、子どもだけや保護者に用事ができたときの送迎、妊婦の通院などで需要があり、全国に広がりつつある。協会加盟の事業者は現在、21都道府県で68社。協会認定の運転手は約820人いる。

 グループに加盟する中川タクシー(名古屋市中川区)と朝日タクシー(同市南区)が従来、車いすを使う乗客の利便を図るため、運転手に介助技術を教育。福祉タクシー事業に取り組んできた実績を生かす延長線上で、他の5社に呼び掛け、参入を決めた。

 3月に、車内での子ども独特の行動形態や救命救急法などの講習を運転手に実施。1期生として30人を養成する。

 会員制の事前登録で対応。チャイルドシートなども備えた車で運行する。料金は通常料金のみという。


 競争が激化するタクシー業界の生き残り策の側面もあるが、グループの石川優会長は「地域の中に根を下ろしたタクシーがいると感じてもらえることが大切」と話している。
(中日新聞 平成22年2月11日)

2010年2月13日:メディア掲載

北海道新聞(2010.2.2)に札幌の子育てタクシーが掲載されています

「子育てタクシー」札幌で初運行

札幌市内でタクシー事業を展開する札幌団地タクシー(西区発寒、宮坂治社長)は、幼い子を連れた親や妊婦、子どもだけでも安心して乗れる「子育てタクシー」の運行を4月から始める。札幌では初めてで、道内では、帯広の中央タクシーが運行している。

子育てタクシーは2004年、子育て支援のNPO法人「わははネット」(高松市)が同市内のタクシー会社と始めたサービス。乳幼児連れの外出をサポートしたり、保護者の代わりに子どもの送迎を行い、救命救急法や保育実習など規定の研修を修了した運転手が運行する。

06年には「全国子育てタクシー協会」(高松)が設立され、現在、全国で21都道府県62社が加盟している。

札幌団地タクシーは、34台の車両のうち、当初は2、3台を子育てタクシーとして西区、手稲区で運行、徐々に台数、営業範囲を広げる方針だ。料金は一般のタクシーと同じ。利用は予約制とする。

運行開始に向けて、1月31日には子育てタクシードライバーの養成講座を開催し、運転手21人が市の子育て支援策の現状や救急救命法などを学んだ。同社は「きめ細やかなサービスを提供し、子育てを応援していきたい」と話す。

2010年2月3日:メディア掲載

毎日新聞(2010.1.6 地方版)に子育てタクシーの記事が掲載されています

◇子育てタクシー広がる「気遣う声が社会も変える」

 諫早市小長井地区を中心に運行する「湯江タクシー」の内田輝美社長(42)は20歳の時、他界した父のタクシー会社を継いだ。仕事に奮闘しながら子育てをして気付いたことがあった。子どもが巻き込まれる事件の多発や、学童保育、塾通いなどで子どもの送り迎えのニーズが増えてきたのだ。内田社長は対応を考えた。そして知ったのが、香川県で始まっていた「子育てタクシー」だった。

 子育てタクシーは乳幼児を伴った外出時のサポート、保護者の代わりに子どもの送迎をする。運転手は小児救急法を学び、全国子育てタクシー協会の養成講座も受けている。料金は普通のタクシーと同じで、割り増しはない。内田社長は早速導入した。

 その後、内田社長の尽力で、諫早市では市内のタクシー会社全9社が子育てタクシーを始めた。内田社長自身が同協会の会長を務めるようにもなった。

 市内での子育てタクシー利用は9社で月平均10~15件とまだまだ低調だ。しかし、内田社長は語った。「『お客様と運転手』である前に、地域のおじさん、おばさんとして子育てを支援する公共交通機関を目指します」

 佐世保市の交通バリアフリー推進協議会委員で、「子育てサークルネットワークさせぼ」運営委員でもある吉田恵美子さん(35)は語った。「バリアフリーには道路の段差解消などハード面整備も重要だが、『心のバリアフリー』が欠かせない」。そして、昨年12月の「0歳児のママ交流会」で聞いた、ある母親の体験談を例に挙げた。

 母親が市内で路線バスに乗ろうとした時だった。0歳児を抱き、ベビーカーを持ちながら慎重に乗車していると、運転手に何度も「早く乗ってください」とうんざりした声で言われたという。

 「運転手は論外だが、周囲の乗客の少しの気遣いで母親は救われたはず。声を上げ続ければ、行政も社会も変わると思うんです」

【蒲原明佳、山下誠吾】

(毎日新聞 長崎版 2010.1.6)

2010年1月7日:メディア掲載

東京交通新聞(2010.1.1)に子育てタクシーの記事が掲載されています

名古屋市での子育てタクシースタートについて中川タクシー会長のインタビュー、中部初の子育てタクシー運行として遠鉄タクシーをはじめ、感謝・感激・感動のサービスをとハートフルタクシー、子育てタクシーでタクシーのイメージを好転させる、と東宝タクシーの記事が掲載されています。

(以下、中川タクシー・石川会長の記事より抜粋)

「子育て支援タクシー」が名古屋市で今年、お目見えする。事業を推進するのはこれまで福祉タクシーの分野で市内で中心的な役割を果たしてきた中川タクシーの石川優。同会長に実施にあたっての考え方などを聞いた。

-子育て支援タクシーの実施を決めた背景は。

「子育て支援の事業は地域との信頼関係が問われる事業。何か問題があれば信頼を大きく失うことになるので慎重に検討してきた。高齢化社会の進展で、社会が子育て支援に目を向け始めたということで”機が熟した”と判断した」

-社内やグループ内の反応は。

「反応は非常にいい。関心や興味を持っていた人が多かったということではないか。社会貢献の面から意気に感じて多くの乗務員が手を挙げてほしいと願っている」

---------------------------------

(以下、遠鉄タクシー記事より抜粋)

遠鉄タクシーは、昨年12月7日、「子育てタクシー」をスタートさせた。全国子育てタクシー協会登録商標である「子育てタクシー」は中部初。昨年5月に大阪市で開催された協会第4回総会に同社の尾島一光営業部長が参加したのがきっかけ。

浜松市内のうち天竜区を除く全域と磐田市内が対象エリア。幼児・児童の通園・通学、習い事などの送迎の際、荷物やベビーカーの持ち運びの手伝いやチャイルドシートの設置などを行い、最後まで責任をもって安全に送迎するサービス。

-------------------------------------

2010年1月5日:メディア掲載

浜松での「子育てタクシー」出発式の様子が掲載されています

はままつ子育てネットワークぴっぴさんの運営ブログに、子育てタクシー出発式の様子が掲載されています。

(以下引用)

11月に養成講座の手配と運営という形でぴっぴが関わった「子育てタクシー」がいよいよ出発式を迎えました。
「子育てタクシー」とは、もちろん、子育てしている人や子ども・妊婦にやさしいタクシーのことです。
静岡県内では、遠鉄タクシーが初めて運営を開始します。

これは、もともと香川県のNPO法人「わははねっと」が始めた「全国子育てタクシー協会」の仕組みにのっとり、タクシー会社が運営するのですが、
「子連れで公共交通機関に乗るのは、他のお客さんの手前気が引けてしまう。」
とか、
「妊婦だけれど、急に陣痛が来ても救急車を呼べないから、イザという時困ってしまう。」
などのような悩みを、ドア・トゥー・ドアの長所を活かして解決しようというものです。
他にも、急な残業で保育園や児童会のお迎えに間に合わない時や、仕事で子どものお稽古の送迎に困った時なども、対応してもらえます。
詳細は、遠鉄タクシーにお問合せください。

子育てタクシーの運転手になられる方が、11月に子育てについての学習・ロールプレイ・保育実習を行い、ようやくこの日を迎えることとなりました。

子育て中の親子2組が乗車第1号として、式典にも参加し、「子育てタクシー」のテーマソングにのって、子どもたちもお母さんたちもにこにこで出発しました。

kosodatetaxi1.JPGまだまだ、静岡県内では馴染みのない「子育てタクシー」ですが、乗務員の皆さん全員から、
「子育て中で不自由を感じている方たちの役に立ちたい」
「子育て中のお客様を、自分の妻や子どもと同じように大切に思い、乗務したい」
という気持ちがたくさん感じられましたので、安心してご利用いただけると思います。  (わかば)
marc.JPG

★遠鉄タクシーのホームページ
  http://www.entetsu.co.jp/taxi/
★遠鉄タクシー 電話番号 053-412-7777
★全国子育てタクシー協会のホームページ
  http://kosodate-taxi.com/
 

2009年12月14日:メディア掲載

東京交通新聞(2009.12.7)に掲載されています

平成21年12月2日、東京さぬき倶楽部で開催した、平成21年度第一回 子育てタクシー協会セミナー&会員交流学習会の様子が、東京交通新聞に掲載されています。

2009年12月9日:メディア掲載

1 2 3 4 > 
>> 最後 

ページトップへ戻る