協会設立趣意書

1. 趣旨

一般社団法人全国子育てタクシー協会

子育て中の母親の声をもとに「子育てしやすい街づくり」の想いを抱いて、玄関先までお迎えが出来るタクシーのメリットを生かし、荷物の多い乳幼児の外出のサポート、また保護者の代わりに責任を持ってお子様の送迎をする「子育てタクシー」を運行し始めました。
そして、それぞれの家庭によって多種多様なニーズがあることを知り、その要望に応えていくには、タクシー事業主の意識改革と子育て応援タクシー運行に関する情報提供、ドライバーの養成とスキル向上が必要と考えます。
また、県外から子育て応援タクシーに対する問合わせがある反面、視察後の連絡が途絶え、現状把握が出来ないことが起きています。

そこで、私達は、全国規模で定期的な講習、研究や情報交換、子育てステッカーの管理などを行うことによって、子育てタクシーを利用されるお客様が、どこの県の子育てタクシーに乗っても同じサービスが受けられるという水準を保てるよう、子育て支援事業者と連携して(社)全国子育てタクシー協会を設立することに致しました。

2. 設立に至るまでの経過

一般社団法人全国子育てタクシー協会

平成16年6月にNPO法人わははネットが「子育てタクシー」企画を花園タクシーに提案し、花園タクシーのドライバー5人を「子育てタクシードライバー」として養成しました。 夏休みである7月末~8月に試験運行を実施し、約40世帯の子育て家庭の利用がありました。試験運行後、利用者にアンケートをとり、そこに書かれていた感想や今後の要望に基づき、子育てタクシーの本格運行につなげました。
同年9月より花園タクシー1社にて本格的に運行を実施致しました。

それに伴い、子供だけの送迎も徐々に増え、安心できるサービスであると、利用者(保護者)より子育てタクシーに対する信頼を得ることができました。

平成17年には、この取り組みが公に評価され、「香川県子育て応援団大賞」を花園タクシーが受賞するに至りました。その後、香川県内8社が子育てタクシー事業に賛同、講習を受講し子育てタクシーの運行を実施いたしました。

一般社団法人全国子育てタクシー協会

また、同じく平成17年には、交通エコロジーモビリティー財団より、子育てタクシーの取組みが評価され「交通バリアフリー大賞」を、NPO法人わははネット及び花園タクシーが受賞しました。
このように、子育てタクシー事業は、業界内外からの高い評価を得て香川県内だけではなく、山口県、長崎県へと広まっていきました。

子育てタクシーが香川県内外問わず普及していくことを希望し、同じ想いをもって運行ができるよう、子育てタクシー協会設立に向け討論を重ね、平成18年6月12日に設立総会を開催し、全会一致を持って決議いたしました。

ページトップへ戻る