ガイドライン

子育て移送(移動)サービスのガイドライン

  1. 子育てタクシー事業者は、(社)全国子育てタクシー協会に加盟した者とする。
  2. 利用者は、妊婦、0~15才の子供及びその保護者とする。
  3. 電話や受付対応のスタッフは、子育てタクシー専用のヒアリングシートを用い、必要なサービス(チャイルドシートの需要、汚れ防止シートの需要、保護者と子供の送迎先《保育園、幼稚園、塾など》との連絡網による安全確認)を確認する。
  4. ドライバーは、(社)全国子育てタクシー協会推奨の子育てタクシードライバー養成講座を受講終了した者((社)全国子育てタクシー協会認定)限定とし、必要があればスキルアップの講座なども受講することとする。
  5. 子育て支援団体の協力のもと、地域の行政及び子育て支援施設(病産院、保育園等)とも積極的に連携をとり、常に地域の子育て情報に敏感である。
  6. 地域の子育て支援団体等の協力を得て、地域のニーズや子育てに関する情報を共有し、地域性を生かしながら、サービスを提供する。
  7. (社)全国子育てタクシー協会加盟団体と連携し、ニーズ調査やサービス向上の為の研究などに協力する。
  8. より安全安心な子供の移送のため「子育てタクシー保険」に加入することを義務付ける。

ページトップへ戻る